味噌でかにを決める

10068 (3)かには脚肉が代表的ですが、味噌でかにを決める方も数多くいるのです。かに味噌を味わうなら、毛蟹を推す方が多いです。毛だらけの殻に詰まった味噌の濃厚な味は冬の楽しみにしている方が多いでしょう。そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、ワタリガニを勧める方もいます。
脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。

味噌は納得のおいしさです。

かにの食べ放題は、結構よく見かけます。
その味はどうかというとどうも、ひとくくりにはできないようです。

地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題では安っぽいかにではないようです。かにを専門にしていないお店だと味では所詮専門店に勝てないと言った意見が圧倒的です。

食べ放題でも気を抜いていない専門店がたくさんあるのでぜひご近所のお店を探して下さい。秋もおわりに近づくとかにを食べたくなるのは必然です。
寒いときに皆さんで囲向かに鍋は最高に幸せな味です。せっかくの鍋をさらにおいしく食べたいなら、かにをスーパーなどで買うと少々もったいないので、市場まで足を運んで買ってくるとよりとれ立てに近いかにを入手できるでしょう。

続きを読む 味噌でかにを決める

実はワタリガニ

01168a (289)ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。食用がにとしてみた場合、脚は出汁にしかならないかも知れませんが、変りに、味噌はとてもおいしく味噌好きをうならせています。水揚げ(どこの港で水揚げするかで、産地が決まります)量の多いかにで、比較的手ごろな価格なので脚より味噌、と考えるなら十分満足できるかにです。

お手頃サイズでもあり、調理法も味付けもバリエーション豊かです。

いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節です。旬の蟹を食べ尽くすため、北海道に旅行するのが、もう十年来の習慣となっています。

北海道に行く際の目的地といえば、古くからのしり合いの方が切り盛りしている、函館にある蟹専門店です。そこでは、水揚げ(どこの港で水揚げするかで、産地が決まります)されたばかりの新鮮な蟹を用いた料理を、店主が腕によりをかけて作っているのです。

続きを読む 実はワタリガニ